意外と知らないお歳暮のマナー。今年一年、お世話になった方に感謝の気持ちを伝える贈り物だからこそ、きちんとマナーを守って気持ちを伝えましょう。(おとりよせネット編集部)

    開催中の最新「お歳暮特集」はこちら
お歳暮の時期は?
地域によって異なるのですが、お歳暮はおおむね12月上旬から中旬までに贈るようにしましょう。近年は、12月20日くらいまで構わないのですが、年末ぎりぎりでは、相手の方も多忙になります。
贈る時期を逃してしまったときは、年が明けてから1月7日の松の内までに届くようにします。その時、表書きは「お歳暮」ではなく「御年賀」で贈るとスマートです。
また、年が明けてからご縁をいただいた方や、諸事情で贈るのが松の内も過ぎてしまった場合、2月3日(立春の前日)までは、表書きを目下の人には「寒中御見舞い」、目上の人には「寒中御伺」として贈ります。
お歳暮は、もともと「年の暮れ」を意味していました。その年のお礼や感謝を表現しています。江戸時代に武士が組合をつくり、組頭に贈り物をしたのが段々現代のお歳暮の習慣に変化したともいわれます。
誰に贈ればいい?
親戚、仲人、上司、得意先、主治医、お稽古事の先生、恩師、などに、日頃御世話になっていることへの感謝と「今後も末永くよろしくお願いします」という気持ちをこめてお歳暮は贈ります。また、日頃のねぎらいを込めて遠く離れた両親や、伴侶のご両親にも贈ります。
ただ、勤務先の上司や取引先など、贈ったり受け取ったりすることを会社の規定で禁止している場合もあるので、注意が必要です。治療をしてくれた主治医なども同様に受け取らない場合があります。
お歳暮は、一度だけ贈るものではなく、毎年贈るものなので、あまりあげる相手を広げてしまうと大変ですね。吟味してある程度絞ってもいいと思います。一度きり贈る相手には、お歳暮ではなく表書きは「御礼」としましょう。
予算は?
3000~1万円くらいが目安です。上司や仕事関連の方へは5000円、親戚筋や知人は3000円、その年に特に御世話になった方には5000円~1万円くらいが相場です。仲人へも同様です。また、別居をしているご両親には、贈る側が20歳以下であれば3000円、社会人であれば5000円くらいを目安にしてください。
お歳暮はマナー上はお返しは不要ですから、あまり高額ですと逆に先方に気を遣わせてしまうことにもなります。お返しはなくても御礼状は3日以内には出しましょう。親しい間であれば電話でも構いませんが、時期を逸しないことが大切です。単に「ありがとう」だけではなく、「どうおいしかった」ですとか「どう嬉しかったか」など具体的に伝えると贈った側も嬉しいですよね。
お礼の品をお返ししたい場合は、いただいた金額の半額を目途に選びましょう。
お歳暮の金額は、贈る側と贈られる側の関係性だけでなく、経済動向や、収入や立場などにもよりますので、臨機応変に対応しましょう。
選ぶときに気を付けることは?
食べ物は家族で食べられれば残りにくいので喜ばれます。お子様のいるご家庭であれば大人も子供も食べられるお菓子、お酒好きな方にはお酒のつまみなど、相手の家族構成や趣向がわかっていればイメージして選びましょう。季節感も大切に。生ものや冷凍、チルド商品を送る場合は特に、事前に送付状を御送りしておくのがエチケット。相手が旅行に行かれている間に届いてしまったらせっかくの感謝の気持ちが半減してしまいますよね。
毎年品物を変えるのが良いわけではありません。同じものを贈るのも覚えていただけるので良いでしょう。
少人数の家庭に多量の食品はご迷惑になるかもれません。また、アレルギーや持病を持っていることもあります。気になるならば、洗剤やタオルなど実用品や、お茶や海苔などの消耗品、保存が効く調味料など無難なものがお薦めです。近年は自分で選べるカタログギフトや商品券も人気です。商品券には金額が書かれているので、金額が入っていないギフトカードやホテルのディナー券なども一つの方法でしょう。
今回マナーを教えてくれたのはこの方

小倉朋子さん
(食の総合コンサルタント・食輝塾主宰)

フードプロデューサー・大学講師・食輝塾主宰・日本箸文化協会代表。
24時間「食」一食、毎日自ら食実験!飲食店、企業のプロデュース、メニュー開発、食事マナー、トレンド、食文化、ダイエット、食育まで専門分野は多数。食から凛と生きる教室「食輝塾」主催。TV・ラジオにもレギュラー出演。著書ベストセラー『世界一美しい食べ方のマナー』ほか多数。新刊『やせる味覚の作り方』(文響社)。


特集一覧


【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す