注目: お歳暮  手土産  クリスマス 
この特集は終了しました。
現在の商品詳細や価格につきましては、
各商品ページにてご確認ください。

<開催中の特集一覧はこちら>

軽く温めると、周りのチョコがソース状になり、中のフィリングと相性が更によくなり、また違った口どけが楽しめます。

チョコがパリっとしている冷たい状態と、チョコも安納芋もとろっとやわらかくなった温かい状態が特におすすめです。

こしあんがみずみずしく、赤えんどう豆の塩気があんこの甘さを引き立てています。甘さと塩気のバランスがいいですね。

あんに少し塩気がきいているので、あんがたっぷり入っていても全体のバランスがいいです。赤えんどう豆の食感もアクセントに。

「これぞ王道のスイートポテト!」という味わいですね。ほくほくとした芋感は、どこか懐かしさがあります。

小さいながら1個の食べ応えもちょうどいいですし、甘さもしっかりとあるので、ブラックコーヒーと合わせても良いですね。

とろりとした口当たりでやさしい味わいは、誰からも親しまれる味。しっかりとしたケースに、陶器の入れ物が可愛らしいですね。

容器にもオリジナリティーがあって可愛らしいですね。とろりとやわらかな食感は、万人に好まれますね。

これだけ入って、この価格はお得!ロールケーキはしっとり生地と、かぼちゃクリームが良く、栗の甘露煮がゴロっと入っているが◎

大福の芋あんはやさしい味わいですね。タルトは柔らかめの生地で、しっとりとしたスイートポテトが味わえます。

しっとり丁寧に作られたタルトとパイは、りんごの甘酸っぱさが引き立ち、温めるとパイとタルトの食感がより良くなります。

シナモンをあえて入れず、りんご本来の味を前面に出しているのは、りんご農家らしいですね。りんごたっぷりで嬉しい!

ナッツのザクザク感と、キャラメルの程よい苦味がアクセントになっています。渋皮栗がゴロゴロっとたっぷりで◎

ザクっとしたナッツの食感と、フランのようなねっとりした食感の対比が楽しめます。塩気のあるタルトでバランスも良いです。

表面のキャラメリゼの部分のカリカリ食感がいいですね。半解凍のアイス状態でも楽しめ、サツマイモそのものの味も楽しめます。

甘さ控えめでナチュラルな味。表面のキャラメリゼが、まだカリっとしている半解凍から食べ始めて、違う食感を楽しむのも◎

達人に聞く!「こんな秋スイーツが食べたい!」

とれたての「新栗」を使った、剥きたて・茹でたて・こしたての「新栗スイーツ」が食べたいです。とれたての栗は、風味も香りも格別。特に栗は、1日でも時間が経ってしまうと香りが飛んでしまうので、次の日には全く違う味になってしまうものも多くあります。冷凍技術が発達してきており、旬の時期にとれた栗を、長い期間楽しめるようになってきましたが、やはり短い旬の時に味わえるスイーツが食べたいですね。

秋スイーツといえば「りんご」が気になります。お菓子に使われるりんごの品種として多いのが紅玉ですが、こちらは秋でも遅めで11月からが旬です。時期によって旬のりんごは異なるので、アップルパイ一つにしても、季節を追って品種を変え、その時に旬のりんごの品種を使っているものがいいですね。食べることで、微妙な季節の変化を楽しむことができます。

達人 下井美奈子さん プロフィール

洋菓子情報を紹介する他、講師、商品開発、レシピ提供を行うスイーツコーディネーター。パリRitzEscoffierで、料理・菓子のディプロム取得。渡仏中、ル・コルドンブルー、ルノートルなどで学ぶ。

達人 平岩理緒さん プロフィール

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、日経新聞電子版「今週の3つ星スイーツ」選者、All Aboutのスイーツガイドも務める。

開催期間:2015.09.10~2015.10.22



特集一覧


【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら