平岩理緒さんのおすすめ!
スイーツジャーナリスト

とろけるチョコレート感!カカオの原産地を旅するひんやり濃厚スイーツ

「マールブランシュ加加阿(カカオ)365祇園店」は、2014年4月、京都・祇園の路地にオープンしたショコラトリーです。
日本人の五感に響くセンシティブなチョコレートづくりがコンセプトで、京都北山のパティスリー「マールブランシュ」が一年365日「加加阿(カカオ)のある暮らし」を提案し、チョコレート好きの間で話題となっています。

そんな「マールブランシュ加加阿(カカオ)365祇園店」から、この夏、期間限定で登場したのがこちら。
1箱には、南米各国のカカオの個性を活かしたチョコレートアイスキャンディーが5種類、3本ずつ入っています。

「ツール・ド・加加阿(カカオ)」とは「カカオ巡り」の意味。
カカオの原産地と言われる南米産のカカオ豆から作られた“オリジンショコラ”の味わい濃厚で、カカオの産地を巡るように楽しむことができる、これまでになかったアイスキャンディーです。

通常のチョコレートアイスと比べて、できるだけ乳味をおさえることで、カカオが持つそれぞれの個性が活かされているのが大きな特徴。
チョコレート感が凝縮されていて、1つで充分に満足できる食べ応えですが、ころんとした可愛らしいサイズなので、2つ、3つと味わい比べをするといっそう楽しいですよ。

特に注目したいのは「口どけのチャート図」。
ショコラは、口にして、ゆっくりとかしつつ味わう間に、味わいや香りが変化していきます。
その様子をわかりやすくイメージで図示してあるので、食べる時の参考にすると、普段とはちょっと違った味わい方ができますよ。

たとえば、エクアドルの「ペパデオーロ」は、5種の中で最もハイカカオで、エクアドルのカカオの特徴と言われるフローラルブーケのような香りと、力強いビターさとを味わうことができます。

「サンタンデール」は、コロンビアの上質なカカオをブレンドして作られるチョコレートを使用し、深い赤ワインのような豊潤さやスパイシーな香りが特徴。

同じコロンビアの中でも産地を限定した「アラウカ」は、最初に訪れる軽やかな花の香り、続いてナッティーかつウッディーな香り、最後にはドライレーズンのような熟成感や余韻が長く続く軟らかな酸味が特徴です。
実は私自身、以前にコロンビアのカカオ産地やチョコレート工場を訪問しているため、特に面白くいただくことができました。

一方、「ボリビア」は、レモンやグレープフルーツを思わせるアロマと酸味とを持つ、ワイルドなカカオ。
このフルーティーさをベースに、マイルドに食べやすく仕上げているそう。

ベネズエラの「オクマーレ」は、洗練されたビター感とコク、ロースト感やエキゾチックな風味などがバランスよく濃厚なハーモニーを奏でます。

独自の融けにくい製法によって口どけもなめらか。
口の中でまったりと香りが開き、冷たいチョコレートガナッシュを食べているようです。

チョコレート好きの方にぜひお試しいただきたい、贅沢な大人のためのアイスキャンディー。

入り数も多いので、夏のうちに入手して、残暑厳しくも秋の気配が漂い始める9月まで、じっくりと楽しんではいかがでしょうか。

おいしそう! 17

くわしい商品ページへ

平岩理緒さん (スイーツジャーナリスト)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2015年08月19日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

注目の企画

RF1(アール・エフ・ワン) の人気商品BEST3

長崎心泉堂 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せニュース&お得情報

おすすめお取り寄せ情報

週3回おいしい&お得な情報配信中♪

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

口コミはあくまでも個人の感想であり、個人差があります。また、商品の内容や効果を保証するものではありません。

運営:アイランド株式会社 (C) Ai-LAND Co.,Ltd. All rights reserved.

ジャンルで探す