菅井かおるさんのおすすめ!
食と暮らしを楽しむ!「美食手帖」主宰

金谷ホテル伝統の味をそのまま再現、あったかビーフシチュー

「あっ、あの時と同じ味」。温めたパックの封を開けてスプーンで一匙すくって口に入れた瞬間に、そう思いました。昨年の初夏に訪れた、栃木県の「鬼怒川金谷ホテル」。ホテル館内にあるギフトショップでしか手に入れることができなかった伝統メニューの「和風ビーフシチュー」です。昨秋からオンラインショップで手軽に購入できるようになったことを知り、先日お取り寄せしてみました。

鬼怒川金谷ホテルに宿泊すると、ゲストはコーヒーなどのドリンクが無料で提供されるラウンジを、滞在中何度か利用することになります。そのラウンジには暖炉があって、「冬もまた風情があるだろうな…」と、ときどき思い出していました。本格的に寒くなってきてからは、暖炉に火が入った情景とともに、夕食でいただいた熱々のビーフシチュ―も恋しくなりました。

さて、お待ちかねのビーフシチューが自宅に届きました。金色のラインの縁取りが施された深緑色の立派な箱、左上に金谷美味紀行と書かれています。そこで、まず私がしたことは生クリームと食パンの調達。買物を終えて自宅に戻り、早速お鍋でお湯を沸かしパックを温めます。温まったらいそいそとお皿に移し替え、青物はゆでたちぢみほうれん草を載せ、仕上げの生クリームをさっと掛けます。かけ方はホテルと同じく、真ん中ではなく端っこの方に。

困ったのは、ホテルで提供されたときのような卓上用コンロが、わが家にはないこと。なので、先程パックを温めたお湯が入ったままの小鍋の上に、お鍋の口より少し大きめのシチューが入ったお皿を載せました。最後に、軽く焦げ目がつくくらいにトーストしたパンを添えます。ホテルでいただいたビーフシチューには、金谷ホテルベーカリーのパンがセットになっていたので。こんな感じで、同じようにセッティングが完了しました。

隠し味にお醤油を加えているところが、和風と名付けられた所以でしょうか。口に入れたときは濃厚な味わいでも、後味がとてもすっきり。重たいイメージのビーフシチューとはちょっと違います。ピュレ状にしたりんごも入っているので、まろやかな甘みが広がります。1cmほどの厚みの輪切り大根が入っているところも特徴。ルウがしみ込んだ大根は、とろけるやわらかさ、和風感を一層高めてくれます。食べやすくひと口大にカットされた牛肉も、ジューシーで深い味わい。玉ねぎはルウに溶けてコクを与え、人参は彩りを添えています。材料はすべて、国産の厳選された品を使っているそう。2年間に14回もの試作を繰り返してようやく完成にいたったというビーフシチュー。食べ終わると頭から足先までぽかぽかになっていました。

おいしそう! 7

くわしい商品ページへ

菅井かおるさん (食と暮らしを楽しむ!「美食手帖」主宰)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2017年01月31日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

注目の企画

江戸流行婦凛 の人気商品BEST3

秋田屋 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せニュース&お得情報

おすすめお取り寄せ情報

週3回おいしい&お得な情報配信中♪

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す