島田律子さんのおすすめ!
タレント・日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証)

夏はキリリと冷えたシュワシュワにごり酒で乾杯!

夏といえば、ビールもいいけど、日本酒の「夏酒」でしょう!

実際に、この季節になると日本酒の売り場には「夏酒」が多く置かれ、涼やかなラベルの見た目からも、思わず手に取ってしまいたくなりますね。
実はこの「夏酒」、日本酒が低迷するこの時期に、夏こそ日本酒をと、比較的新しく出来たカテゴリー。

そのタイプは様々で、後口すっきり辛口タイプ、酸が立った白ワインタイプ、アルコール度数の高い原酒のオンザロックタイプ、辛口の発泡性にごり酒、など、いずれにせよ、どれも冷やしてスッキリとしただける、暑い夏にピッタリのお酒ばかりです。
そんな中から、私が毎年夏に出るのを楽しみにしてる一本がこれ。「いずみ橋 夏ヤゴ・にごり酒・活性純米酒」
このお酒を醸す、神奈川県の泉橋酒造は、「酒造りは米作りから」の信念のもと、酒米作りから精米・製造まで一環して行う栽培醸造蔵。この蔵の田んぼで、夏になると赤とんぼの幼虫ヤゴをはじめ様々な生き物たちが共生し、その良い環境が健康な酒米を育てる。
これは、そんなヤゴたちをリスペクトした、夏酒のにごり酒なのです。

さて、「夏のにごり酒」についてもご説明させていただきましょう。
「にごり酒」といえば、冬をイメージする人もいるかもしれませんが、実は夏にこそオススメ。
アルコール発酵が止まっていない醪を、火入れせずに酵母が生きた状態で瓶詰めするにごり酒は、瓶内でさらに発酵が進み、炭酸ガスが発生する。これはシャンパーニュと同じ製法の瓶内二次発酵で、炭酸ガス注入方式の活性とは違い、泡の立ち方が細かくなめらか~。
また、夏のにごり酒は、酸があり辛口の夏仕様となっているので、冷やして飲めば、米の旨味と心地よい酸と、優しいシュワシュワの爽快感を得られる、夏にピッタリのお酒といえるのです。

そして、夏といえば、冷や奴!ですが、このお酒はにごりの米の旨味もあるので、冷や奴~夏といえば鰻!や、また焼肉や、スパイシーなアジアン料理にも合うこと請け合い。
美味しくて、栄養も豊富で夏のどんな料理にも合ってしまう。

そして、見た目もフォトジェニックで、この飲み切りサイズ感も、嬉しい~!
夏は、ビールだけでなく、キリリと冷やした「夏のにごり酒」でも、涼やかに、シュワシュワっと乾杯してくださいね!

おいしそう! 8

くわしい商品ページへ

島田律子さん (タレント・日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証))
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2017年06月27日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

注目の企画

カラベル&ザ・チーズケーキスタンド東京 の人気商品BEST3

プリン研究所 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せニュース&お得情報

おすすめお取り寄せ情報

おいしい&お得な情報満載♪

おとりよせネットのアプリ「おとモニ」

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート

ジャンルで探す



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す