小浦ゆきえさんのおすすめ!
健康食品アナリスト

カラフルな甘酒で、美味しい夏バテ対策!

にじいろ甘酒6色セット
浦野醤油醸造元
4100円

「甘酒は夏の季語」というのは、最近よく知られるようになってきましたね。飲む点滴と呼ばれるくらい、栄養たっぷりな甘酒。
たしかに冷たい甘酒は美味しいのですが、どこの甘酒も大差ないと思っていませんか?

ごめんなさい。私もそう思っていました。
なので、この甘酒が店頭に並んでいるのを見たとき、思わずふり返ってしまいました。だって、甘酒が「虹色」なんですよ!

ただカラフルなだけじゃありません。
にじいろ甘酒を作っているのは、福岡の浦野醤油醸造元。
カラフルな色は、福岡のこだわり食材からうまれていました。

定番は、白(シンプルな甘酒)、うす黄色(発芽玄米甘酒)、黒(黒米入り甘酒)に加え、緑(八女茶)、紫(ブルーベリー)。
そして、季節ものとして、春は赤い「あまおう苺」が。
夏は赤いトマトや黄色のスイートコーンと、ちょっとびっくりするような組み合わせも。

原材料は、米+麹+福岡県産のこだわり食材だけ(白、うす黄、黒は、米+麹のみ)。
シンプルな甘酒も美味しいのですが、苺やブルーベリーは子供たちにも大好評。ところどころに種が残っていて、フレッシュな美味しさが楽しめます。
甘すぎる甘酒が苦手な方や、夏の暑い日には、あっさりした八女茶入りを。
薄める手間もかからない、ちょうど良い濃さで、手軽に甘酒を楽しめます。
キリリと冷やして飲むのもいいし、常温の甘酒に氷を浮かべて冷やしながら飲むのも。
もっとさっぱり飲みたい方は、牛乳や豆乳で割ったり、ヨーグルトにかけたり、色々アレンジも広がりそうです。

我が家で試して美味しかったのが、にじいろ甘酒をシロップ代わりつかう「甘酒かき氷」!
シロップのように甘すぎず、氷の冷たさで、そのまま飲むよりさっぱりといただけます。
定番のいちご(あまおう)や抹茶(八女茶)はもちろん、トマト味はそのまま飲むよりトマトの風味が強くなった感じ。
氷の表面だけに甘さが乗るので、少しずつ作って味わうか、氷と甘酒を交互に重ねるとよさそうです。

米麹で作った甘酒で、アルコールが含まれていないので、小さなお子さんから、噛むことが難しいお年を召した方まで、誰に贈っても喜ばれそう。
さらに、甘酒はお腹の調子を整えてくれる発酵食品。免疫バランスをととのえたいアレルギー体質の方にもおすすめですよ。

※季節によりセット内容が異なります。

おいしそう! 25

くわしい商品ページへ

小浦ゆきえさん (健康食品アナリスト)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

注目の企画

京都一の傳 の人気商品BEST3

ブランド和牛の百貨店 肉贈 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せニュース&お得情報

おすすめお取り寄せ情報

おとりよせネットのアプリ「おとモニ」

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート

ジャンルで探す



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す