お取り寄せの達人のオススメ!

村上敦子さん(食スタイル コーディネーター)

パパッと簡単。ジューシーラム肉 おもてなしにいかがですか。

 ラムチョップ 4個 ニュージーランド産フレンチラックチョップ

なかなか外食もできない昨今ですが、「おいしいお肉が食べたいな〜」とあれこれ探していました。ダイニングプラスさんは時々利用させていただいていますが、輸入食材が豊富でリーズナブルなショップさんです。ここでラムチョップ肉を調達しました。

はじめに「羊肉」のおさらいですが、ラム肉とは、生後1年未満の子供のひつじの肉を指します。くさみが少なく、食べても独特のクセがそれほど感じられない。また若い肉なので、肉質も柔らかいのが特徴だそうです。

対してマトンは、生後2年以上から7年程度まで成長した羊の肉で、羊肉独特の牧草のような香りが強いのが特徴。こちらは大人の肉なので、肉はラムより引き締まっており、見た目にも赤みが強いのだそうです。

羊の肉が好き、という方はマトンを、初めて食べるという方はラムを選ぶと食べやすいようです。

さて、届くとガチガチに凍っているので、冷蔵庫で24時間解凍します。今回は、シンプルにラムチョップグリルにしました。

1. ラムチョップに軽く塩胡椒をします
2. フライパンに油をしかずに中火で温めます(くっつきやすい素材のフライパンだったら、少し油をひく。オリーブオイルでも美味しい)
3. 肉を入れ、焼き色をつける
4. 火を弱め、何回も引っ繰り返しながら、ラムチョップの水分を出していく
5. ラムチョップを取り出しアルミホイルでくるみ、5分程寝かせる(これがジューシーに仕上げるコツです)
6. フライパンに残った肉の脂で、付け合わせの野菜などを炒める
7. お皿に盛り合わせて完成

お好みでバターを溶かした中にお醤油やバルサミコ酢などを加えると、美味しいソースが簡単に出来ますよ〜。ひと工夫したい場合は、是非お試しを!

お肉は、とても柔らかくてジューシー。臭みもなく素材がよいので、塩胡椒でさっと焼くだけでも十分楽しめます。「ガブリ」とお肉を食べたいときに満たされます。

栄養豊富なラムは、低カロリーで高たんぱく、またコレステロール値も低く、体に良いお肉とされているそうです。鉄分、ミネラルをはじめ、チアミン、リボフラビン、ナイアシンなどの各種ビタミンBが豊富に含まれていて、味にこだわるだけではなく、健康が気になる方にも注目されているそうです! ぜひちょっとしたご馳走に、ご活用くださいね。

村上敦子さん(食スタイル コーディネーター)

ここちよく集う食空間演出がしたくて、第一線で活躍するテーブルコーディネーターに3年間師事。イベント、パーティー演出、テーブルコーディネートスクール運営、IFFT国際家具見本市 特別展示ブース「家族が集う食の空間作り」の演出に参画。ホームパーティーをこよなく愛し、「人が集う」素晴らしさ、楽しさを食空間と美味しい食べ物を通して伝えたいと願っている。現在、日本の年中行事「室礼」にて食、歴史についても修得中。

[ウェブサイト] 食スタイル
デザインエイエム
【メルマガ購読】ロゴマークご発注で失敗しないために。

マリンフードの人気商品ランキング

エントワスイーツガーデンの人気商品ランキング

遠藤酒造場の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!