お取り寄せの達人のオススメ!

村上敦子さん(食スタイル コーディネーター)

今年こそ手作り味噌にチャレンジしたい方にお勧め!

 あなたも味噌職人・小麦合せ味噌(4kgキット)

数年前から機会があり味噌を手作りで仕込むようになりました。
一度、手作りした味噌を食べておいしさを知ってしまうと、スーパーなどで購入した味噌がなんだかとても味気ないものに感じられてしまいます。

「お味噌を手作りしてみたい」という話しはよく聞きますが、なかなかチャレンジしづらいですね。
一人で材料を買い揃え作るのは「敷居が高いな」と思うのが本音だと思うのですが、そんな初心者の方、そして「忙しくても手作りしたい」という方にも、ぜひこのサイトのキットをお勧めします。

キットの内容は、つぶし大豆、麹、塩。
自分で用意するのは、味噌を保管する容器、ボール(混ぜる容器)、ラップだけ。下準備されたものが送られてくるので大豆を茹でて潰す必要がなく、時間も短縮できます。

こちらのショップ「おうちでてまえ味噌」のサイトを拝見すると、横浜で100年以上続いた麹屋の老舗だそうです。しかし時代の流れと共に苦境に立たされ、リアル店舗は閉鎖されてしまったそうですが、ネット販売で見事復活されたそうです。

素材は、こだわり抜いた国産の仕入れ先、そこから仕入れた大豆・米・塩。簡単に味噌に仕上げられるよう、ショップで手を加えているそうです。

私も一年前にはじめて購入したときは、少し心配でした。
「失敗せずに作れるのか」「このキットでおいしい味噌ができるのか?」「カビたりせずに完成するのか?」などなど。
私は1月下旬に仕込み、同年の9月まで寝かせましたが、このキットについては4~5か月程度でよいそうです。

毎日、朝夕お味噌汁が飲みたいと思うほど、おいしいお味噌ができました。
しっかりと市販のお味噌では味わいづらい「麹」の味がするのです。

ここ4~5年、味噌を手作りして3つの楽しみがあるなと感じます。
「作る楽しみ」「待つ楽しみ」「食べる楽しみ」。

お味噌汁はもちろん、味噌煮込みうどん、お魚の味噌漬け、お料理の隠し調味料としても重宝しています。

出かけたくない寒い冬の日、お味噌を仕込んでみてはいかがでしょうか。
私も今年のキットが届くのが楽しみです。

村上敦子さん(食スタイル コーディネーター)

ここちよく集う食空間演出がしたくて、第一線で活躍するテーブルコーディネーターに3年間師事。イベント、パーティー演出、テーブルコーディネートスクール運営、IFFT国際家具見本市 特別展示ブース「家族が集う食の空間作り」の演出に参画。ホームパーティーをこよなく愛し、「人が集う」素晴らしさ、楽しさを食空間と美味しい食べ物を通して伝えたいと願っている。現在、日本の年中行事「室礼」にて食、歴史についても修得中。

[ウェブサイト] 食スタイル
デザインエイエム
【メルマガ購読】ロゴマークご発注で失敗しないために。

おすすめ商品

たわら屋の人気商品ランキング

エントワスイーツガーデンの人気商品ランキング

秋田屋の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!