平岩理緒さんのおすすめ!
スイーツジャーナリスト

苺とチョコレートと餡の新たな出会い、切るたびに絵の変わるファンタジックな羊羹

2017年の発売以来、「美しすぎる羊羹」として話題沸騰している福島・会津「長門屋」の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」。

その待望のシリーズ新作が、ついに登場しました! 2022年のバレンタインを前に、オンラインショップでも購入できるようになったので、ぜひ味わっていただきたい一品です。

「長門屋」は、江戸時代の幕末・嘉永元年(1848年)に、時の会津藩主・松平容敬(かたたか)公から、庶民のためのお菓子を作るよう初代が命を受けたのが始まりという老舗和菓子店です。

ジャズの名曲のタイトルを冠した「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、6代目に当たる若女将の鈴木静さんが考案した品で、一番の特徴は、「切る度に絵柄が変わる」こと。

レモン羊羹でかたどられた青い鳥が、次第に満ちていく月に羽ばたいて向かう様子が描き出され、夢のあるお洒落な羊羹として大ヒット! 2017年の「グッドデザイン賞」や「新東北みやげコンテスト」グランプリをはじめ、数々のコンテストやアワードで受賞もしています。

その第二弾として、チョコレートと苺を活かして新たに開発されたのが、こちらの「Fly Me to The Moon chocolate チョコ羊羹ファンタジア」です。

可愛らしいピンク色の部分は苺チョコ羊羹。中には、国産苺やりんごのドライフルーツ、さらにカカオ豆を砕いたカカオニブも散りばめられていて、食感や味わいのアクセントとして楽しめます。

山並みを表したような土台部分は、小豆の羊羹からチョコレート入りの羊羹に。間に挟んである透明の部分は、オリジナルはシャンパンを使っていましたが、こちらは、お酒の飲めない方やお子様にも楽しんでいただけるよう、国産りんご味の錦玉羹になりました。

箱の絵柄は、最初の「羊羹ファンタジア」と同じく、福島県浪江町ご出身の日本画家、舛田玲香さんの描き下ろし。淡いピンク色の背景に白やピンク色の花が咲き誇り、なんともやさしい雰囲気です。

トッピングのドライフルーツも、できるだけ会津産のものを使っているという、地元への思いの伝わるお菓子です。

苺とチョコレートの味わいが紅茶にもぴったりで、ストレートはもちろん、ミルクティーにしても、「苺ミルクチョコ」のような感覚でよく合います。

チョコレートがとけやすいため、夏場だけは製造をお休みするそうですが、バレンタインやホワイトデー、卒入学や母の日、敬老の日など、ギフトとしても幅広く利用できて、喜んでいただけそうですね。

平岩理緒さん (スイーツジャーナリスト)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2022年02月02日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

その他のおすすめ商品

注目の企画

廣岡揮八郎の三田屋 の人気商品BEST3

デリカテッセントランク の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す