お取り寄せの達人のオススメ!

滝村雅晴さん(料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)

富士市で人気のご当地グルメ。お好み焼きと玉子で「おこたま」

 おこたま お得用 12個セット

日本全国には、数多くのご当地グルメがあり、毎年のように新しい食べ物が登場する。人気の食べ物を目当てに、発祥の地を訪れ、本場の味を食べ歩きすることが、私にとって旅行や出張の際の一番の楽しみだ。

しかし、今はご当地に行けなくても、お取り寄せすることで、自宅でご当地グルメを堪能することができる時代になった。

それは「美味しい」を、そのまま「冷凍」できる技術が進んだから。ある意味出来立ての料理の時間を止めて鮮度を保ち、家庭の食卓に届けているのだ。今回、自宅で出来立ての味を食べたのが、富士市公設市場で誕生したご当地グルメ「おこたま」だ。

「おこたま」は、お好み焼きの生地と卵で地元の食材を挟んで、大判焼き機で焼いて作ったもの。大判焼きサイズなので、片手で持つことができ、気軽に食べることができる。

自宅にお取り寄せした「おこたま」は、3種類の具で12個入り。風味豊かな富士市の特産品でもある、駿河湾産桜えびを釜揚げにして入れたものから、大き目の厚切りベーコン入り、そして、上質なちりめんを特製たれで佃煮にした、じゃこねぎ入りだ。いずれも、中に具がぎっしり詰まっていて食べ応えがあるの。

子育て世代にとって、「おこたま」は便利な食べ物だ。冷凍庫に「おこたま」を入れておく。子どもたちが、お腹が減ったら、自分で3種類の中から食べたい具を選び、電子レンジで加熱すればいいだけ。小腹が空いているときに、ぴったりのおやつだ。受験生にとっても、夜中にお腹を満たしたい時、「おこたま」を温めれば、左手に「おこたま」、右手にペンを持ちながら勉強もできる。

冷凍庫を開けるたびに、子どもたちが勝手に食べて減っている様子を見るのが、親にとって意外に嬉しいものだったりする。

お好み焼き味は、子どもからお年寄りまで、誰もが大好きな味。富士市を盛り上げるために生まれた「おこたま」は、いつしか全国の家庭で、子育てに忙しい親たちの救世主になっているのではないかな。

先日、「おこたま」を食べようと冷凍庫を開けたら12個入りの「おこたま」を梱包していた透明の袋だけになっていた。また、補充しておかないと。

滝村雅晴さん(料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)

料理を通して、家族の食育・共食と健康作り、ワークライフバランス、男性や父親の家事参画を推進する料理研究家。NHK「あさイチ」「きょうの料理」、日テレ「3分クッキング」等出演。毎週末YouTube「ビストロパパCHANNEL」にて料理教室ライブ配信中。ブログ「ビストロパパ~トモショクのススメ~」は16年以上連続更新中。

[ウェブサイト] 株式会社ビストロパパ
オフィシャルブログ「ビストロパパ~トモショクのススメ」
Bistro Papa Online Shop
ビストロパパ Instagram
ビストロパパ Twitter
ビストロパパCHANNEL
ビストロパパ Facebook
トモショクProject
日本パパ料理協会公式HP
※本ページにはプロモーションが含まれています

おすすめ商品

ととまるの人気商品ランキング

おもてなし料理のきらら亭の人気商品ランキング

秋田屋の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!