お取り寄せの達人のオススメ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

和菓子維新!落雁でお絵描き?!カラフルなピースが美しい、デザインする和菓子!

 drawing

今回ご紹介するのは「落雁」です。
「え?これなんて読むの?」なんて方もいるでしょうか(笑)
正解は「らくがん」です!主に砂糖を使った水分の少ない干菓子と呼ばれる和菓子です。

ボクは落雁が好きですが、芸人の同期や後輩などに聞いてもあまり認知度は高くない。
知っている人がいても「あ~、家の仏壇にあったやつね」という人も多くて(笑)
なので、落雁って人気ないのかなあって思ってました。UCHU wagashiさんに、出会うまでは!

「UCHU wagashi」は、京都にある落雁を専門に扱う和菓子屋さんです。
「今の和菓子をつくる」をコンセプトに、新しい和菓子を作ります。
クラシックな落雁のイメージを大きく変えた、ニュータイプの落雁なんです。もはや、RAKUGAN!

和菓子は味と同じくらい大切な要素として「見て楽しめる」という特徴がありますが、UCHU wagashiさんはもう
ひとつ新しい要素を足しています。
それは「デザインする」ということ。

お店で一番最初に作られたという「drawing」は、扇形のカラフルなピースが入っています。
このピースを組み合わせ、絵を描くように自分のカタチ作ってみましょ!というのが、「drawing」のメッセー
ジ!
いままで「美味しい」や「きれい」など食べる方は受け身の姿勢でしたが、クリエイティブに和菓子と向き合う
のは新しいですよね。

素材にも強いこだわりがあり、最高級砂糖としても知られる和三盆糖を使っています。
舌の上にひろがる、やわらかく、繊細な口溶け。手の先、足の先の隅々まで届くような、余韻の長いまろやかな
甘さ。
そして、ほろりほろり消えてゆく、美しい儚さ。
落雁ならではの特徴が、質の高い和三盆と合わさり、グッ!と心を掴まれる味です。

ボクも自分でピースを組み合わせて作ってみましたが、童心にかえったようにワクワクしてくるんです。
この「ワクワク」、とっても大切ですよね。
「美味しい」は舌に記憶されますが、「ワクワクする」は心に残ります。
お笑いも「おもしろい」は当然だけど、もうひとつなにかインパクトがないと残らないんですよね。
ライブで「ワクワク」が届けられているか、いつも気になります(笑)

「drawing」には、世代を超えて距離を繋ぐ「ワクワク」がたくさん詰まっています。
和菓子のエンターテイメントを、ぜひ。

ナイスィーツ!!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。

[ウェブサイト] スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記
Twitter
Instagram

おすすめ商品

通販専門店ふるさと産直村の人気商品ランキング

廣岡揮八郎の三田屋の人気商品ランキング

福壽堂秀信の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!