お取り寄せの達人のオススメ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

ミシュラン三ツ星の日本料理店がつくるココナッツわらび餅!

 椰子の白わらび餅

よろスィーツ!スイーツ芸人のスイーツなかのです。

今回ご紹介するのは、「そのフルーツとそのお菓子がいっしょになったの?!」と、びっくりするお菓子だと思います。

それが、いったつみとらどうの「椰子の白わらび餅」。

南国のフルーツ「ココナッツ」と日本の和菓子「わらび餅」が合わさった、食べる前からワクワクするような、まさかの出会いです。

いったつみとらどうは、神楽坂にある日本料理の名店「石かわ」と「虎白」がコラボしたブランドで、ここだけでしか味わえない、料理人ならではの独創的な料理やお菓子を楽しむことができます。

ミシュランガイド東京版にて三ツ星を獲得し続けるお店ということもあり、グルメ界隈の人たちのなかでも注目度が高く、贈り物をする時に使ったらセンス抜群でしょう。

「椰子の白わらび餅」は、元々お店のデザートとして提供していたもの。当時からとっても好評で、知る人ぞ知るおもたせとしても、人気が高かったのだそう。

昨年からは「帝国ホテル 東京 ガルガンチュワ」で店頭販売されたり、いったつみとらどうのオンラインでの販売も開始したりと、これからより話題になりそうなお菓子です。

箱を開けると、ココナッツパウダーでたっぷりと覆われた白わらび餅が現れ、純白の目麗しい姿にうっとりとすること間違いなし。

わらび粉、ココナッツミルクで練りあげたお餅は、日本料理の練り物の技法で手掛けられ、まさに料理人ならではのつくり。

舌の上にのせるとまるで赤ちゃんのほっぺのように柔らかく、噛むとモチモチとした食感で、この味わいがなんとも心地良いのです。

程よくねっとりとした口どけのなかで、ココナッツのまろやかでやさしい甘みが、上品にひろがっていくのもたまらない。

冷やしても美味しいので、暑い季節に食べても最高でしょう。洋風なテイストもあるので、お酒が好きな人はシャンパンとペアリングしても良いかもしれませんね。

今まで食べてきたわらび餅を想像すると、きっとイメージが変わるような、唯一無二のお菓子です。

ナイスィーツ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。

[ウェブサイト] スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記
Twitter
Instagram

おすすめ商品

えびとチーズの専門店 SHIMAHIDEの人気商品ランキング

明石マルシェの人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!