松浦達也さんのおすすめ!
フードアクティビスト/ライター/編集者

超一流シェフ垂涎の国産ほろほろ鳥。その深い味わいを知る。

ほろほろ鳥 ヘルシーセット
ほろほろ鳥の専門店 石黒農場
4000円

食鳥の女王と言われる、ほろほろ鳥。飲食業界の人でさえ間違って読むことも少なくありませんが、正しい読みは「ほろほろちょう」。これが本日覚えていただきたいことのひとつめです。

もうひとつ覚えていただきたいのは、アフリカ原産のこの鳥を国内で飼育し、加工・販売まで一貫して手がける農場が岩手県の花巻にあるということ。そしてその農場のほろほろ鳥には燻製などの加工品も含め、他にはないおいしさがあるのです。

おっと。「もうひとつ」と言いながら、いくつも挙げてしまいました。すみません。でも、花巻市にある石黒農場のほろほろ鳥はそれくらい特別なのです。

いい個体はいい生育環境でのみ育ちます。本来、ほろほろ鳥はアフリカという亜熱帯の地域に生息する鳥類です。もちろん温暖な気候を好みます。

岩手県の花巻は冬場の最低気温の平均が0度を下回る寒冷な地域。しかし石黒農場のほろほろ鳥は、湧き出る温泉水を鳥舎の下に配水し、ぽかぽかと温かい天然の床暖房の上を走り回ります。

飼料は自家配合。ほろほろ鳥のために自家栽培されたコメのほか、麦やとうもろこしなどバランスを考えられた穀類で育てられています。もちろん花巻の天然水も飲み放題。基本的には抗生剤などの薬も使われません。いい環境だからこそ、穀類と水を中心とした自然の飼料だけですくすくと育つのです。

通常、90日程度と言われる飼育期間も120日と長く飼われているので、身質はやわらかさと心地いい弾力を備え、噛みしめると深い味わいがきめ細かな繊維の間から絞り出されてきます。星付きのレストランのシェフや高級焼鳥店から「あの鳥を!」と指名される銘鳥は、つい味の向こう側へと手を伸ばしたくなる滋味があるのです。

そんな石黒農場には燻製専門の建物があります。厳選されたスパイス&ハーブの香りと必要最小限にとどめられた塩で漬けこまれたほろほろ鳥は、山桜のチップでじっくり加熱されてしっとりした身質の燻製に仕上がります。

今回おすすめする「ヘルシーセット」は胸肉やささみなど、脂に頼らなくてもほろほろ鳥の身質のおいしさを存分に味わえる燻製を中心としたパッケージ。その味わいがぎゅぎゅっと凝縮されたささみジャーキーも入ってます。

朝食のおかずやサラダなど調理用の素材としても万能選手。(僕のように)アルコールがお好きな方は、ワインやビールと合わせてどうぞ。元の味つけが楚々としているので、食べ進めるうちに粒マスタードやスパイス、少量のマヨネーズなどで無限に味変も楽しめます。

松浦達也さん (フードアクティビスト/ライター/編集者)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2022年02月14日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

その他のおすすめ商品

注目の企画

九州お取り寄せ本舗 の人気商品BEST3

大福処 伊勢屋與兵衛 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す