滝村雅晴さんのおすすめ!
パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役

料理に使うお酒は、料理用のお酒が一番。旨味を引き立たせる料理用清酒という存在。

料理に使うお酒が、3種類あるのをご存じだろうか。

1つは日本酒。これからの季節、とても楽しみにしている人も多いはず。

2つ目はスーパですぐに手に入る、料理酒。ここまでは、知っている人も多いと思う。

今回は3つ目の存在を紹介したい。それが「料理用清酒」だ。

他の2つと何が違うか。まず料理酒との違いは歴然。塩が入っていない。
料理酒は酒税がかからないように、塩分が2%前後入っている。
海水の塩分濃度が約3%だからけっこう辛い。

では日本酒との違いは何か。
最近の日本酒は「端麗辛口」傾向にあり、キレは良いが反面、米本来のうまみが少ない。
料理用清酒は、旨みが多く、これが料理のコクと旨みを引き立たせる効果があり、肉や魚の生臭みを消すとのこと。

僕はお酒を多用するために、この料理用清酒はとても嬉しい。

煮物はもちろん、味噌汁から焼きそばまで。
白ワインの変わりに、イタリア料理で使うことも。

日本の調味料はやっぱりすごいと思う。

※編集部注:当初は1Lでの紹介でしたが、現在は1.8Lでの販売となっております。

おいしそう! 8

くわしい商品ページへ

滝村雅晴さん (パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2012年09月10日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

注目の企画

RF1(アール・エフ・ワン) の人気商品BEST3

和牛専門通販 たわら屋 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せニュース&お得情報

おすすめお取り寄せ情報

週3回おいしい&お得な情報配信中♪

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す