平岩理緒さんのおすすめ!
スイーツジャーナリスト

この秋冬の限定品!パティシエールが考案、ワインとよく合う超濃厚チーズケーキ

ガトーフロマージュ・ブルー 栗のはちみつ付き
パティスリー パクタージュ
7300円

この「ガトーフロマージュ・ブルー」のコンセプトは、「ワインと合わせる、至極のブルーチーズケーキ」。ブルーチーズの濃厚さに、ドライフルーツやナッツの食感、旨味とコクが合わさり、スパイスの風味などが奥深く混じり合った味わいに、驚かされます。ガツンとしたインパクトで、スイーツというよりも、まるでお酒のおつまみのような印象。2018年9月の発売開始以来、話題となっている、大人のためのチーズケーキです。

このお菓子を考案されたのは、2013年に東京・玉川学園前にオープンした人気店「patisserie PARTAGE(パティスリー パクタージュ)」のオーナー、齋藤由季シェフ。可愛らしくも芯の強い女性で、やさしいお母様でもありますが、作るお菓子は「がつんと骨太」と評判。日本やフランスの名店で学んできたお菓子をベースに、伝統的な製法に敬意を払い、必要に応じてお酒もしっかりと効かせているのが特徴です。

今回、使用しているのは、世界三大ブルーチーズの1つ、イタリア生まれの「ゴルゴンゾーラ」。齋藤シェフ曰く、「“ゴルゴンゾーラ風味”ではなく、贅沢にゴルゴンゾーラを使ったゴルゴンゾーラのお菓子にしたかった」とのこと。

ベースのチーズケーキ部分には小麦粉は使わず、湯煎焼きでしっとり濃厚に焼き上げています。中には、刻んだ白イチジクと柑橘のコンフィを混ぜ込み、ゲランド塩と、爽やかな香りのピンクペッパーでアクセントをプラス。上には、柑橘のコンフィや、プチプチ食感が楽しい白イチジク、香ばしいくるみやマロングラッセなどをゴロゴロとのせてあり、色々な味との組み合わせが楽しめます。

赤白ともに、ワインともよく合うのはもちろん、塩気もあるので、ソーテルヌのように甘く芳醇なとのマリアージュも、ぴたりとはまります。

さらに、別添の「栗のはちみつ」を垂らすと、ちょっとクセのある香りとコクで、より濃厚さが増すという食べ方も提案されているのが面白い!

製造初日は、塩味とゴルゴンゾーラの力強い香りが立っているそうですが、日を追うごとに味が変化し、チーズが熟成していくかのような感覚で、だんだんと丸みを帯びた甘味になっていくのだそうです。直径12cmサイズですが、少量でもしっかりと食べ応えがあるので、5-6人で分けても充分な大きさ。ワイン会への差し入れなどにも喜ばれることでしょう。

期間限定発売で、販売は2018年12月20日発送分まで。今年は11月15日となるボジョレー・ヌーヴォーの解禁に合わせて、一緒に召し上がるのもいいですね。

平岩理緒さん (スイーツジャーナリスト)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2018年10月03日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

その他のおすすめ商品

注目の企画

MONDIAL KAFFEE328(モンディアル) の人気商品BEST3

文春マルシェ の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す