平岩理緒さんのおすすめ!
スイーツジャーナリスト

気持ちくつろぐ濃厚カカオ、ベリーのように華やかなアイスクリーム

「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO(ネル クラフトチョコレート トーキョー)」は、2019年2月、東京・日本橋浜町にオープンしたBean to Bar(ビーントゥーバー)の手法を用いたチョコレートの専門店です。

「手しごと」や「日本らしさ」をコンセプトに、チョコレートの多彩な品を提案。ガラス越しに見える工房では、世界各地からのカカオ豆の選別、焙煎に始まり、「nel」という店名に象徴されるように、厳選された素材と職人の技術で練り上げ、自家製チョコレートを製造。さらにそこから、板チョコのタブレットやボンボンショコラ、テリーヌショコラ、チョコレートがけ柑橘ピールやナッツなどを生み出します。

この「チョコレートアイス」は、イートインメニューで人気のチョコレートパフェに使用しているのと同じもの。ベトナム中部のブンチャプという町にある契約農家「タム農園」から届けられるカカオ豆で作られた、カカオ分75%のビターチョコレート「ブンチャプベトナム」を使っています。

ここは標高が高いため気温が低く、カカオが生育できるぎりぎりの環境の中で、他にない独特の風味が生まれます。さらに、園主達の丁寧な仕事により、しっかりと発酵が行き届き、爽やかな酸味とベリー類のようなニュアンスを持つ良質なカカオとなっているそうです。

京都出身のシェフ・ショコラティエ村田友希氏は、チョコレートの世界大会で優勝した水野直己氏の「洋菓子マウンテン」をはじめ、フランスやルクセンブルグのパティスリーでも腕を磨いた人物。

この店を任されるようになり、自らカカオの産地にも足を運んで共に豆を選び、その特徴を活かしたチョコレートの菓子作りを追究しています。

このアイスは、しっかりとしたカカオ感を引き立てるために、糖分はなるべく減らし、生クリームも低脂肪のものを主体としつつ、仕上がりのなめらかさにも配慮して、高脂肪の生クリームもブレンドして調整しています。それにより、濃厚でありながら後味はすっきりとした口当たりに仕上げたそうです。

冷凍庫から出したばかりだと硬いので、数分ほど常温におき、周囲が少しとけてやわらかくなってきたら食べ頃です。

舌にのせると、ひんやりした生チョコのようになめらか。カカオのガツンとしたインパクトと香りに続き、木苺を思わせる華やかな酸味と余韻が広がり、驚かされます。

一息つきたい時や、くつろいだお風呂上りなど、うっとりしながら味わいたい、大人のためのチョコレートアイスです。

おいしそう! 16

くわしい商品ページへ

平岩理緒さん (スイーツジャーナリスト)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2020年06月22日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

注目の企画

やえやまファーム の人気商品BEST3

金澤やまぎし養蜂場 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

おすすめお取り寄せ情報

  • 縁起物がモチーフ。幸福のバームクーヘン!

  • 早期割引・送料無料
    和洋中おせち 鳳凰

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す