嶋啓祐さんのおすすめ!
フードビジネスデザイナー

有機にこだわり、香りを大切にしたお茶の概念を覆す逸品

私が「これは!」と思う逸品に出会う場所は大きく2つあります。

ひとつは旅先で意識することなく見つけたもの。もう一つは意識して出掛けた展示会やイベントなどで見つけたもの。どちらもタイミングや偶然によりますが、これこそまさに「縁」であります。

2022年の春に宮崎県の食の展示会があり、そこで見つけたのが、今回ご紹介する宮崎は白玄堂のバラエティに富んだお茶のシリーズです。

日常生活においては、あまりにも当たり前すぎるお茶。煎茶、焙茶、紅茶のほか、ほんとうに多くのお茶が存在しています。その中でも白玄堂のものは、香りと後味の余韻において明らかに「違う」ものでした。

低温で淹れられたミント風味の煎茶はやさしいミントの香りとほんのりとした甘さ、口に含むとさっぱりとした軽めの苦味が広がります。その瞬間、「お茶ってこんなにおいしかったんだ」と、素直にうれしくなりますね。

ほうじ茶の味わいには癒されるといいますか、ほっとするものを感じます。食後に供されることが多いほうじ茶ですが、日常的にいただいているものとは香りがまったく異なることにすぐに気がつくでしょう。

白玄堂の代表を務める白尾洋史さんは宮崎で代々続くお茶農家で育ち、大学卒業後に白玄堂を立ち上げます。他のお茶ではあまり見られない白尾さんのこだわりのひとつは、「有機肥料を使って育てたお茶であること」です。

国内の農産物総生産量のうち有機農産物が占める割合は、お茶に関しては6%程度と言われています。農薬ではなく肥料、つまり栄養でお茶の旨みは変わるということを自ら実践。2018年よりOrganicの認定を受けて世界へ日本茶の文化を発信しています。

もうひとつは、バラエティに富んだお茶のラインナップです。

緑茶や紅茶に柑橘系の風味を加えたり、紅茶に米こうじを加えてマイルドな日本風とも言える和紅茶に仕上げたり、お茶を楽しむ範囲を広げています。

私のイチオシは何といってもミントグリーンティー!あたたかくいただいても冷やして飲んでもほんとうに気持ちがいいのです。 白尾さんは「ストレスのない茶の樹から作られる有機茶は、飲むとスーッと身体に染み込む感覚 」と表現していますがまさにその通り。

今回ご紹介するお茶は、人気のある4種類。それぞれがティーパックになっているので、分量や淹れ方に悩む必要はありません。

今年の夏も暑くなりそうです。何気ない日常にゆっくりと水出しをしたお茶で、さっぱりとした爽やかさを楽しみたいと思っています。

嶋啓祐さん (フードビジネスデザイナー)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2022年07月04日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

その他のおすすめ商品

注目の企画

菓子香房 大阪・甘泉堂 の人気商品BEST3

toroa(トロア) の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

おすすめお取り寄せ情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す