滝村雅晴さんのおすすめ!
パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役

本物の味を知った家族が取り合う、千駄木腰塚の自家製コンビーフ

「おー! なんだこれはー!」

最初に味わった時の心の声ではなく、出た一声。

千駄木腰塚の自家製コンビーフが我が家に届いてから、家族が頻繁に冷蔵庫を開けるようになった。もちろんお目当ては、千駄木腰塚のコンビーフ。

編んである糸をほぐすようにコンビーフをフォークでかき出し、炊きたてのごはんの上にのせる。ちょっと醤油、そしてワサビをつけて食べる。今日、この味に出会うために、日々働いてきたのではと感じるぐらい美味さ衝撃だった。

しっかり肉のうま味がする。塩加減もちょうどいい。コンビーフだけど、しっかり「肉」を食べている感じがする。

炊きたてのごはんと、肉が好物の中三の娘も箸が止まらない。溶き卵をかけて食べれば、もう牛丼やすき焼きを食べているぐらいの、肉を食べている満足感を得られる。

ただし、食べ過ぎは注意。最初に食べた感動を繰り返し体験するために、少しずつ楽しもう。それぐらいセーブしても、この味を知った家族が、小腹がすいたらコンビーフをほじって食べるのでなくなってしまう。

日ごろ、コンビーフを食べる習慣が私にはなかった。缶詰のコンビーフのイメージが、キャンプなどの非日常感があったから。それは、私がコンビーフの探求心がなかったからと気づいた。

コンビーフ愛を極めると、こんなにも上品で、ご馳走になり、すぐに空腹を美味しさで満たせる食べものを作り出すことができるのだ。千駄木腰塚さん、ありがとう。

静かなコンビーフ獲得バトルが続く我が家。夕食を食べていると、皆がごはんを食べるペースをコントロールしている。少し残して、腰塚のコンビーフをのせて食べようとしているのだ。日々ダイエット中の妻や娘は、ごはんをお替りする罪悪感に駆られてしまうのだ。

しかし、このコンビーフのお陰で、そんなチマチマしたこともやめてしまった。美味しく食べて幸せなるのがいちばん。ダイエットはそのあと考えよう。

千駄木腰塚のコンビーフが、我が家にもたらしたセリフ。

「はー、食べ過ぎたー」

そしてお決まりひとこと。

「明日からダイエットしよう」

それで、いいのだ。


【編集部注】
2021年4月9日現在、注文殺到により、注文ができない状態が続いています。販売再開につきましては、販売ページをご確認いただくか、ショップにお問い合わせください。

滝村雅晴さん (パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2021年04月09日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

その他のおすすめ商品

注目の企画

ごまの蔵 の人気商品BEST3

おもてなし料理のきらら亭 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す