お取り寄せの達人のオススメ!

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

京都嵐山名物のねぎ焼きの焼き立てが自宅で味わえる♪

 どこでもねぎ焼き

1999年創業、京都嵐山に「嵐山のむら」はあります。渡月橋を渡ったら1分ほどで到着、人混みに疲れたなというときにも、とても良い癒しになるお店です。

私の友人にも、嵐山に行くたびに家族でこの「のむら」の名物であるわらび餅や「嵯峨のねぎ焼き」を食べに行くというファンもいるほどです。

私がこのお店を知ったのはちょうど一年くらい前のことですが、初めて訪れたのにまるで「ただいま!」と言いたくなるような雰囲気にすっかり魅了されてしまいました。

隅々までお掃除が行き届いたお店でいただく、野村家で昔から作られていた手作りの甘味や、京都の素材を使ったメニューはどれも素朴で懐かしく、それでいて徹底して丁寧に作られています。

その中で一番人気の「嵯峨のねぎ焼き」がこちら。お店の味をそのままに自宅で再現できるように、液状になった生地、京都の九条ねぎ、国産牛をつかったそぼろこんにゃく、卵以外のすべての材料がセットされています。

どうしたらこんなに細かくこんにゃくをきれいに切れるんだろう?と思うようなそぼろこんにゃくに、お店でも驚いたのですが、もちろんお取り寄せでもたっぷり入っています。

丁寧なレシピが添えられていて、具材も包丁いらずなのも嬉しいですよね。ホットプレートやフライパンで簡単にのせて焼くだけで、お子様でも簡単に作ることができます。もっちりした生地にこんにゃくの食感、九条ネギの甘さがとてもおいしいです。

お好み焼き屋さんで食べるメニューとは、また違ったねぎ焼き。

関西では「一銭洋食」「にくてん」「べた焼」とも呼ばれ、小麦粉を薄く解いて焼いたもので戦後子供達がお小遣いで食べられるおやつとしても人気でした。

私の父は神戸生まれ神戸育ちですが、子供のころ鉄や釘を鉄工場の裏でこっそり拾い、お金に換えてもらい駄菓子屋さんへ食べにいった、という話を何度も聞いたことがあります。鉄工場の大人たちも見て見ぬふりで、今とは違いおおらかな時代ですね。

今も、京都や神戸で根強く残る庶民の粉もの文化のひとつです。のむらさんのねぎ焼きは、具材もたっぷり、京都の食材を使ったねぎ焼きです。お店のメニューみたいに、ビールや炭酸セットにしていただけば、夏のランチにも、ちょっと小腹がすいたなというときにもぴったりです。

コロナの影響で、なかなかお店に足を運べない方にもお店の味を楽しんでほしいと、お店をお休みされている間もテイクアウトや配達、そしてお取り寄せといろいろな試みをしていただけて、関東に住む私はお取り寄せできるようになったその日に嬉しくてオーダーをしました。

お店で食べたことのある方はより一層、嵐山やお店が恋しくなるに違いありません。初めての方はこれを機会に、嵐山にお出かけしようというきっかけにもなりますね。

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

1974年兵庫県生まれ。料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

[ウェブサイト] 365*style~お取り寄せ生活研究家aiko*の美味しいハナシ
お取り寄せ 朝食編 (学研スマートライブラリ) [Kindle版]
Instagram

おすすめ商品

モンマルシェの人気商品ランキング

通販専門店ふるさと産直村の人気商品ランキング

MONDIAL KAFFEE328(モンディアル)の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!