早乙女孝子さんのおすすめ!
薬膳料理研究家

島原に100年続く涼デザート「かんざらし」

小学校低学年の頃だったでしょうか? 地方都市を紹介する番組だったのか? どんな名前のデザートだったかもあやふや…… 詳しく覚えてはいないけれど、でも映像ははっきりと目に焼き付いている。

キラキラと輝く水の中をユラユラと漂う乳白色の球体。涼やかで、幻想的な美しい風景。

球体の正体は白玉。白玉を琥珀色のシロップとともにいただく、シンプルゆえに美しいデザートを紹介したTV番組でした。

当時一緒に番組を観ていた母とも、「あれはどこのお店のデザートだったんだろうねぇ?」なんて時おり思いだすくらいインパクトの強い映像。

そしてそれからずいぶん経った頃、たまたま開いた旅行雑誌の特集記事で、その白玉のデザートが島原地方に100年にわたり伝承されている「かんざらし」だったと知りました。

いつかはあの美しい白玉を食べてみたいと思ってはいましたが、島原への旅行は子連れではなかなか難しい……

でも、そういう時便利なのがお取り寄せ♪

ということで、今回ご紹介させていただくのは、玉乃舎さんの「島原かんざらし 詰め合わせ」です。

通常、白玉は1日ほどで硬くなり、風味と食感が劣ってしまう性質がありますが、玉乃舎さんは「伝統の風味を重んじながら試作と研究を重ね、地元に行かなければ食べられなかったデリケートな「かんざらし」を、常温で日持ちするデザートへの改良に成功されたそう。

「かんざらし」は白玉を冷やす水が命。市内のいたるところから豊富な湧水を使った水路が街中にある島原だからこそ生まれた逸品です。なので使われている水は地元の隠れ湧水スポットである「舞岳湧水」を、白玉粉は地元産のもち米「ヒヨクモチ」を原料にした特製のもの、シロップには地元吾妻産はちみつを使用されています。シンプルなデザートゆえ材料を吟味し、地元「雲仙・島原」にこだわられたました。

そのこだわりが随所に生きた「かんざらし」は、優しい柔らかさとの白玉と、すっきりとした甘みのシロップのバランスが絶妙。セットになっているぜんざいは、冷たくしても温めてもどちらもおいしいので、ぜひ食べ比べてみてくださいね。

おいしそう! 22

くわしい商品ページへ

早乙女孝子さん (薬膳料理研究家)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2018年06月26日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

注目の企画

長岡京 小倉山荘 の人気商品BEST3

門崎熟成肉 格之進 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

おすすめお取り寄せ情報

  • 年間400万切販売!
    京都老舗の西京漬け

  • これで料理の幅が広がった!一振りで味が決まる「塩」

  • 大切な方への贈り物 極上ローストビーフ

  • ギフトに最上級の贈り物 松阪牛ギフト

週3回おいしい&お得な情報配信中♪

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す