小倉朋子さんのおすすめ!
食の総合コンサルタント・食輝塾主宰

糖質制限とは思えない!! 味も見た目もうっとり、チーズケーキ

「あ~、おいしい!」

きちんと甘みを感じるけれど、後味さっぱりのチーズケーキ。しっとり濃厚なチーズクリームの食感と苺のコンポートの香りと酸味。このバランスが素晴らしいです。お土産や女子会に持参すると、まず見た目で歓声があがります。そして食べた友人は皆、恍惚な表情!口に入れたら思わず目をつぶって至福の表情になってしまうんです(笑)。見た目もうっとり、食べてうっとり、ずっとうっとり(笑)。

「糖尿病があるから糖質制限していてケーキは食べられない……」
「小麦粉アレルギーだからスポンジケーキは食べられない……」

そんな多くの声を笑顔の歓声に変えてくれる魔法のようなケーキです。

世界パティスリー2009で世界最優秀味覚賞、2017年、2018年と2年連続サロンドショコラでは金賞受賞など、国際大会で数々の賞を獲得している実力のあるパティシェのサントス・アントワーヌさんは、1993年に来日して以来、日本のスイーツ業界を素敵に導いてくれた功労者の一人です。彼が開いたお店、エコール・クリオロから生まれたケーキは、どれも見た目も美しく味も良い。これって当たり前みたいですが、ずっとこの2つの要素を継続し続けることって大変ですよね。

糖質制限のスイーツは、見た目が素朴(それも素敵なんだけれど)なものが多いのですが、こちらのチーズケーキは視覚的にも洗練されています。真っ白いフランス産のクリームチーズは癖がなく、その下の苺のコンポートは、粒粒感をあえて残して食感でも楽しめます。程よく酸味が残る品種を選び抜いて作っているそうですよ。白赤のコントラストは日本人が大好きな色目なんですよね。さらに、小麦粉を未使用のスポンジは、アーモンドを使用していて、しっとりふんわり香りも豊かです。

クリオロが糖質制限スイーツに着手した理由は、専務(女性)が一型糖尿病だったからだそうです。そこで北里研究所病院の糖尿病センター長の山田先生監修のもと、パティシェの技と心で糖質制限ケーキは生み出されました。糖質はなんと、3分の1カット量(約一人分)でたったの約5グラム!! ケーキで約5グラムとは! 糖質制限していない人でも嬉しい数字ですね。

レシピ開発にはとてもご苦労されたそうですが、特に小麦粉を使用しないためスポンジ生地が膨らみにくく試行錯誤されたのだそう。

冷凍で届くので保存できるのも有難い。半解凍で食べても美味しくてお薦めですよ。

おいしそう! 22

くわしい商品ページへ

小倉朋子さん (食の総合コンサルタント・食輝塾主宰)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2019年07月01日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

注目の企画

アンリ・シャルパンティエ の人気商品BEST3

やえやまファーム の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

週3回おいしい&お得な情報配信中♪

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す