小倉朋子さんのおすすめ!
食の総合コンサルタント・食輝塾主宰

まるで秋田を旅する気分!秋田満載の本格的な「きりたんぽ」

お鍋って良いですよね〜。おいしくて飽きなくて、ひとつのお鍋に具材と御出汁を入れたらもう出来上がり!具材の力を借りてしまって、鍋一つあればすぐ作れちゃうんですもの。御出汁入れなくても具材から出る出汁だけで、充分美味しい鍋もありますし。

そんな手軽なお鍋ですが、本格的に作るには、「よし、作ろう!」と、ちょっぴり“気合い”が必要なお鍋もあります。

秋田県のご当地グルメの「きりたんぽ鍋」は、結構下準備が必要です。以前、江戸前懐石料理を習っていた時、課題料理のひとつに、なんと“きりたんぽ”があったんです。

きりたんぽ作りに必須とされる専用の棒を買って、まずはきりたんぽ作りから。ご飯をすりこぎの上でつぶして、おにぎりのようにまるめたら、棒の周囲につけるんです。

丁寧にむらなくつけたら、炭火で焼きます。その次は、出汁づくりとお肉をさばきます。比内地鶏を築地の市場で先生が仕入れてくださいました。

とってもおいしかったのですが、さて、自宅で全てを作るとなると、材料を揃えるのも大変ではないでしょうか。セリが売られてないスーパーもありますし、ゴボウをささがきに切ることも必要です。

そんな本場の味を出そうとすると、手間暇かけて丁寧に作るきりたんぽ鍋が、そっくりご自宅に届いたら?!

「本場大館 きりたんぽ玉手箱」は、比内地鶏、舞茸、セリ、ゴボウ、糸こんにゃくといった、本場のきりたんぽに必要な具材が入っています。

比内地鶏は、味がついているので、鶏肉独特な臭みは感じません。むしろ、旨味が深いんです。御出汁は、比内地鶏の鶏ガラ出汁で、そのまま鍋に入れるだけで良い御出汁が出るんです!

主役のきりたんぽは、秋田県産のあきたこまちを使っていて、厚みがあり、モチモチしていて食べ応えありますよ。最初の頃は、焼かれた表面が香ばしく、歯ごたえがありますが、煮込むほどに柔らかくなり、比内地鶏の御出汁が浸みこんで、ジュワ~ッと口いっぱいに出汁の香りが広がります。

体も心もぽっかぽか、ほっこりお鍋です。舞茸、セリ、ゴボウも全て秋田県産なので、まさに、秋田を満喫できますね。お鍋で旅している気分です(笑)。

お好みで、シメジや椎茸など別の種類のキノコや、お麩を加えても味がしみます。とろけるチーズも実はとってもおいしい!あ、秋田からは離れてしまいますが(笑)。

最後のシメは、雑炊の代わりに秋田名物の稲庭うどんを加えてはいかがでしょう。手軽に素麺を入れても味が染みて美味しいですよ。あさつきをたっぷり加えると味が引き締まり、お勧めです。

小倉朋子さん (食の総合コンサルタント・食輝塾主宰)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2021年01月22日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

その他のおすすめ商品

注目の企画

広岡精肉店 の人気商品BEST3

京都手作りデザート 文助 の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す