お取り寄せの達人のオススメ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

世界チャンピオンが手がける青いチョコレート!

 洋菓子マウンテン アンジェ

よろスィーツ!スイーツ芸人のスイーツなかのです。

そろそろ、バレンタイン。ぼくのもとにも、おすすめのチョコレートを教えてほしいという相談が寄せられる時期です。

ここ数年、話を聞いてて感じるのは、自分用に買う方が圧倒的に多いこと。ちょっと贅沢してチョコ買うなら、自分で食べたいですものね。ぼくもその気持ちよくわかります(笑)。

今回ご紹介する、洋菓子マウンテンさんには、まさにご褒美で食べたくなるような、素敵なチョコレートが揃っているお店です。

京都・福知山にある人気のパティスリーで、店主の水野直己シェフは、「ワールドチョコレートマスターズ」というチョコレートの世界大会にて、日本人として初優勝した超実力派。

スイーツ通のなかでもファンが多い、水野シェフのチョコレート。なかでも、昨年誕生した新作の「アンジェ」は、とっても話題になりました。

見た目の鮮やかなブルーが印象的ですが、これはバタフライピーを使った天然由来の色彩。ハーブティーなどでもお馴染みですが、近年はお菓子に使われることも多くなり、トレンドの素材です。

青いコーティングのなかには、自家製のヘーゼルナッツのプラリネを包んだつくり。プラリネはサクサクした食感のイメージがありますが、こちらはガナッシュのような口どけが楽しめます。

石臼で丁寧に挽いたプラリネは、くちあたりがとってもなめらかで、舌の上で溶けながら、ナッツの風味がひろがるような上品な味わい。

ミルクチョコレートのようなやさしい甘さもありつつ、キャラメルのコクが奥行きのある美味しさを生み出しているように感じ、一粒のバランスが素晴らしいです。

この「アンジェ」は、水野シェフが修行されていた、フランスのロワール地方にある街の名前が由来になっています。

この地域の銘菓でもある「ケルノン・ダルドワーズ」という青色のチョコレートと出会い、その思い出の味を自分なりに作ってみようと思ったのがきっかけだそう。

ちなみに「ケルノン・ダルドワーズ」は、アンジェの街並みの青い屋根瓦をモチーフにしたもので、見た目は正方形のようなデザイン。

こちらはチョコレートの中にナッツ入りのヌガーを包んでおり、水野シェフの「アンジェ」もキャラメルとナッツを使ったチョコレートとしての共通点はありますが、全く違うつくりなのも面白いところ!

自分で食べても嬉しい、贈っても喜ばれるチョコレートです。

ナイスィーツ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。

[ウェブサイト] スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記
Twitter
Instagram

おすすめ商品

エントワスイーツガーデンの人気商品ランキング

BIOKURA(ビオクラ)の人気商品ランキング

九州お取り寄せ本舗の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!