お取り寄せの達人のオススメ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

青と白が美しい!氷見から生まれた氷砂糖といっしょに食べるプリン

 氷プリン6個セット

よろスィーツ!スイーツ芸人のスイーツなかのです。

ご当地プリンっていつの間にこんなに増えたのだろうと思うほど、日本各地でプリン専門店と出会う機会が多くなりました。

卵、牛乳、フルーツなど地元の食材を中心に手がけられたものが多く、風土を生かしたプリンはどれひとつとして同じものがない、オリジナリティに溢れたつくり。

こちらの「氷プリン」も、地域の魅力がたっぷりと注ぎ込まれていて、プリンとして見事に表現されているなあと心に残った逸品。

富山県氷見市にある「ひみぷりん」は、2022年に誕生したプリン専門店。氷見の新しいお土産になるようにと考案されたプリンは、見た目から味わいまで隅々にこだわりが詰まっています。

氷見の「氷」が入った、看板の「氷プリン」。プリンの上にラムネジュレを重ねたもので、青と白のグラデーションが美しく、清々しい佇まいは食べる前から惹き込まれます。

バニラビーンズを合わせたミルクプリンは、とろっとなめらかな舌触りで、香り高くやさしい甘さ。とやまアルペン乳業の牛乳など、地元の食材も使われています。

ラムネジュレの爽やかな味わいは、クリーミーなプリンとの相性が良く、一体感のある口どけもとっても良い。

そのままでも充分美味しいけれど、氷砂糖といっしょに食べるのが、氷プリンの大きな特徴です。氷と書かれた小さな袋に入った氷砂糖。ラムネジュレの上にパラパラと散りばめると、まるで海に氷が浮かんでるよう。

これは、港で水揚げされる寒ブリの氷や、日本海の上に立山連峰が浮かぶ情景をイメージしたもので、風土が持つ物語や彩りをプリンで表現したところに感動しました。

なめらかなプリンのなかで、ジャリジャリッとした氷砂糖の食感も良いアクセントで、まさに唯一無二の味わい。

氷砂糖を使う理由も、見た目の美しさも、言われないと分からないけれど、知ってから食べると氷見へ行ってみたいっていう気持ちにもなってくるから、プリンに込めた想いが伝わってくれたら嬉しいです。

帽子をかぶったカモメのイラストも、贈り物に使いたくなる素敵なデザインでお気に入り。

ナイスィーツ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。

[ウェブサイト] スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記
Twitter
Instagram
※本ページにはプロモーションが含まれています

おすすめ商品

博多喜造の人気商品ランキング

えびとチーズの専門店 SHIMAHIDEの人気商品ランキング

toroa(トロア)の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!