お取り寄せの達人のオススメ!

滝村雅晴さん(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)

味、色、まさに山のうに。濃厚な「山うにとうふ」でご飯も酒もススム

 山うにとうふオリジナル100g

料理の仕事をしていることもあり、なんとなく「山うにとうふ」のことは知っていた。ただ、食べる機会がなかっただけで。

ある時、人から勧められて、気になっていたので買ってみた。そもそも山のうにってどんな味なんだろう。

商品パッケージを見ると「山うにとうふ」の横に、「豆腐の味噌漬」と書いてある。なるほど、そういうことか。

ふたを開けると、中からしっとりさも、色も、うに感あふれるとうふが出てきた。スプーンですくって、ひと口食べてみる。濃厚でなめらかな舌触りの豆腐の味噌漬けだ。ひょっとしたら、うにの珍味として出されたら、そう思うかもしれない。富山で過ごしたことのある妻が「粒うに」のような味がして懐かしいと教えてくれた。

山うにとうふの製造販売をされているが、熊本県五木村の五木屋本舗さん。同村は、1000メートルを超える山々が連なる九州中央山地に位置する山里。ミネラル分の高い名水があるなど、自然に恵まれた土地だ。

そこで、九州産大豆ふくゆたかを主原料に、秘伝のもろみ味噌に半年間も寝かせ、発酵と熟成を繰り返し「豆腐の味噌漬」が丁寧に作られている。その歴史は800年にもなるとか。

夫婦ですっかりお酒を飲まなくなった我が家は、酒のつまみではなく、「炊き立てのごはん」にあうおかずに目がない。この「山うにとうふ」は、炊き立てごはん党の我が家には、たまらないご馳走となった。

ほかほかごはんの上に、ひんやりねっとりした、山うにとうふをのせて口に運ぶ。熱いごはんと豆腐の味噌漬を噛めば噛むほど、なんとも言えない芳醇な香りが口と鼻に充満する。

日々の食卓では味わえない、クセになる味噌と豆腐でできた山うにとうふは、まさに、日本独特の伝統保存食だ。

うに好き、酒好き、白めし好きの方がいたら、さりげなく小鉢に盛り付けた山うにとうふを食卓に並べてみよう。食べたとき、どんな反応をするのか。そこから始まる会話は、きっと盛り上がるに違いない。

滝村雅晴さん(パパ料理研究家・株式会社ビストロパパ 代表取締役)

「パパが料理をすることで、家族が幸せになる」世の中づくりのために、日本で唯一の「パパ料理研究家」として、料理教室、メディアでの連載・出演、一澤信三郎帆布コラボエプロン・子供用エプロン販売など、パパ料理の普及・啓蒙活動を行う。ブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ~」は1600日以上連続更新中。

[ウェブサイト] ビストロパパ・オンラインショップ
オフィシャルブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ」
株式会社ビストロパパ
「絵本ごはん」プロジェクト
日本パパ料理協会公式HP
NHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理
家庭内魚食推進プロジェクト 47fish(ヨンナナフィッシュ) Facebookページ
47fishオンラインストア
パパ飯士たちのパパ料理日誌「飯士の包丁~父飯日誌~」毎日投稿中!
ビストロパパのインスタグラム

おすすめ商品

住吉屋の人気商品ランキング

ダンデライオン・チョコレートの人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!