お取り寄せの達人のオススメ!

鈴木あさみさん(料理研究家)

西京漬とふっくら白いごはん!そんなシンプルな組み合わせが最強の贅沢

 西京漬笹巻(7切)

創業大正14年「味の浜藤」の西京漬。ギフトでいただいたのがきっかけでファンになりました。

お魚の西京漬は風味豊かで、お魚の苦手な方や、子供やご高齢の方でも食べられる贅沢品。贈られてうれしいナンバーワンおとりよせのひとつです。冷蔵で保存もきくので、白いご飯を炊けばそれだけで贅沢な朝ごはんにも、夜ごはんのおかずにもなる。これにお新香を添えたら、それだけで、「あ〜!贅沢♪」という気持ちになれます。

しかも、こちらのこの詰め合わせは「銀ざけ×2切、鰆×2切、銀ひらす×1切、めぬけ×1切、紅鮭×1切」の豪華セットで、いろんな味を楽しめちゃうのです。中でも特にお気に入りが「鰆」。脂ののった鰆が西京漬けになると、「あ〜なんてこんなに贅沢で濃厚になって美味しいのでしょう?」と唸ってしまいます。淡白なお魚が西京漬になると華麗にも大変身するから、それは味噌とこうじの発酵のおかげなのですね。
ほかに好きなのが「銀ざけ」。お酒の肴にも、ご飯のおかずにも最高です。

「味の浜藤」が半世紀以上にわたり造り続けてきた西京漬。どれもその伝統に培われた確かな技術で、丹念に漬け込んだ逸品ぞろいです。王朝時代から伝わっているという京都白味噌で漬けられ、丹念に一切れずつ熊笹の葉で巻いた個別包装には、届いた方への思いやりの気持ちが伝わります。
ふっくらとしたジューシーな焼き上がりと、ひろがる白味噌の上品な食欲をそそる香り。伝統の味わいが、 ご家庭で気軽に楽しめるからうれしいですね。

おもたせやお歳暮などのギフトにもおすすめです。西京漬とふっくら白いごはん!そんなシンプルな組み合わせが最強(西京)の贅沢。早くまた食べたい〜♪

<美味しい召し上がりポイント>
西京味噌はキッチンペーパー・布などで拭きとります。 (薄く残っているほうがおいしく焼き上がります)
熱したフライパンに油を引き、片面ずつ中火でじっくり焼く。焦げないように注意してくださいね。
グリルの場合は、グリルに水をはり、アルミホイルを敷いた上に片面ずつじっくりと焼いてくださいね。
目安としては切り身の7割程度色が変わって来たらひっくり返してください。あまり焼きすぎないほうが美味しくジューシーにいただけますよ。西京漬が包まれた笹の葉を洗い、盛り付けの際に焼魚の下に敷くと美味しく盛りつけできます。

(※編集部注:セット内容はサーモントラウト西京漬、鰆西京漬、からすがれい西京漬/各2切、紅鮭西京漬/各1切に変更なっています。(19.10.28))

鈴木あさみさん(料理研究家)

料理研究家。身体の中からキレイになれるレシピ、野菜を専門とする料理研究家として、テレビ・雑誌などで活躍中。 キレイをつくる5色のスムージー「カラースムージー」、自宅の室内でできる家庭菜園として「イエナカ菜園」を提唱している。著書は国内・海外で11冊。主な著書に「酵素スムージーダイエット」(宝島社)「イエナカ菜園」(日東書院)など。

[ウェブサイト] YouTubeチャンネル
クッキングマエストロ 鈴木あさみ's MENU(ブログ)
書籍「サミーズのカラースムージーダイエット」
Instagram
鈴木あさみの菜食健美
サミーズのカラースムージー
※本ページにはプロモーションが含まれています

おすすめ商品

伊萬里牛 松尾勝馬牧場の人気商品ランキング

えびとチーズの専門店 SHIMAHIDEの人気商品ランキング

おもてなし料理のきらら亭の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!