お取り寄せの達人のオススメ!

市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)

博多の美味しいチョコのはじまりはここ!

 ノワールシリーズ(12個)

福岡・博多へ行ったら、必ず立ち寄るべきチョコレート店があります。その名も「チョコレートショップ」。1942年に創業した名店です。私も先日福岡へ行ったときは、楽しみに出かけました。

立派な店構えです。博多でタクシーの運転手さんに「チョコレートショップまでお願いします」といえば、「はい」と、一瞬で通じます。初代・佐野源作さんが創業、いまや博多で「チョコレートショップ」を知らぬ人は、まずいないであろう存在感です。

店内には数多くのチョコレートやチョコレートのお菓子、ケーキなどが並んでいますが、エントランス右奥にあるチョコレート専用ルーム「サロン・ド・ショコラ」へぜひ。

扉の向こうは、ちょっと格調高い感じ。ショーケースには美しく、丁寧に作られたボンボンショコラが並び、私はしばらく見とれていました。

やはりここで、まず味わいたいのが「定番コレクション」です。この店で昔から愛されている、28種類の定番チョコレートがあり、どれもとてもおいしいおすすめ。

多くアソートがありますが、私が現地から持ち帰った「12個入り」は、カラフルで楽しく、ボックスを開けるところから幸せがはじまります。

ピンクの「クランベリー」は、甘酸っぱいイチゴ風味でサクサク食感が楽しい。黄色いハートの「シトロン」は爽やかなレモン味のホワイトガナッシュ。

コーヒー豆のような形の「コーヒークリーム」はコーヒーガナッシュ入りホワイトチョコレート、赤い薔薇のようなチョコレートは「マダガスカル」で、マダガスカル産カカオを使ったビターガナッシュ……。

12種すべてについて書きたいほど、気に入りました。ふだんから私たち日本人が味わいたいのは、もしかしたらこういうチョコレートなのかもしれません。

チョコレート色のリボンがかかった白い箱、チョコレートがピタリと収まり、形が崩れることのないパッケージ。

私は福岡から東京へ持ち帰りましたが、パーフェクトにきれいな状態でした。オンラインで購入できますが、きっとこのボックスなら安心です。

誰もがきっとおいしい、きれい、と感じるやさしい一粒。長年変わらず博多の人々を幸せにし続けているチョコレートたち。きっと多くの方を笑顔にします。ぜひ、一度味わってみてください。

市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「The Chocolate Journal」を主催。

[ウェブサイト] Chocolat Lover's Net*
The Chocolate Journal
Instagram
Twitter

おすすめ商品

toroa(トロア)の人気商品ランキング

アンリ・シャルパンティエの人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!