お取り寄せの達人のオススメ!

市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)

京都発・ナミナミ型の進化系チョコサブレ

 Nami-Nami 6本入

RAUの「Nami-Nami」がおいしいんです。とても気に入っています。味わったことがなければぜひおすすめしたい、チョコレートを使ったお菓子です。

「Nami-Nami(ナミナミ)」との名のとおり、波型です。スタイリッシュなこのナミナミした形がきれい。そしてサクッと味わいやすい。

一箱には、3種類のフレーバーが入っており、プラリネ、ショコラ、抹茶が2本ずつ。クリームや自家製の板チョコレートをサンドしていますが、それぞれ風味が全く違うので、その違いが表現としておもしろく、お茶の時間が楽しくなること請け合いです。

「Nami-Nami」は、京都のRAUというブランドのオリジナルです。

インスピレーションは、京都の街の、屋根瓦から。京都生まれのブランドらしいといえますが、実は、もうひとつ重ねているのは、フランスの屋根瓦の街並みです。RAUのシェフショコラティエールの高木幸世さんによると、高木さんがかつて仕事をしたフランスの町には、美しい屋根瓦の家々があったそう。

3種のサブレは、どれも私好みです。「プラリネ」は、自家製ヘーゼルナッツクリームの香ばしさに塩をプラス。「ショコラ」は、自家製のビターチョコレートクリームにカカオニブをあわせて。「抹茶」は、抹茶クリームと甘納豆がマッチした日本茶にぴったりの美味しさ。

サンドされているチョコレートが、自家製なのも大きなポイントです。RAUでは、コスタリカ産カカオ豆を仕入れ、カカオ豆からチョコレートまでを一貫製造し、「Nami-Nami」にはオリジナルのビーントゥバーチョコレートを使っています。

食べやすく、少しだけかじっても、きれいに割れる気持ち良さも個人的に好き。

高木さんとシェフパティシエの松下裕介さんは、トレンドでおわらない、普遍的なお菓子を作りたいと願って「Nami-Nami」を作ったそうです。京都のRAUを先日訪れたら、「Nami-Nami」はカフェメニューとしても、人気を集めていました。

カカオ豆から作った自家製チョコレートを使った、アーティスティックなお菓子。6本入りの他、12本入り、紙手提げの有無もチョイスできる。用途に応じて選べます。

市川歩美さん(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「The Chocolate Journal」を主催。

[ウェブサイト] Chocolat Lover's Net*
The Chocolate Journal
Instagram
Twitter

おすすめ商品

BIOKURA(ビオクラ)の人気商品ランキング

住吉屋の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!