お取り寄せの達人のオススメ!

長船クニヒコさん(おかわりJAPAN 主宰)

大阪人のソウルフードが瓶詰めに!!「国産牛すじ肉の贅沢どて焼き」

 国産牛すじ肉の贅沢どて焼き

みなさまは大阪名物の「どて焼き」という食べ物をご存知ですか?「どて焼き」とは牛すじを味噌やみりん・砂糖で甘辛く煮込んだ大阪を代表するB級グルメです。

大阪のB級グルメといえばお好み焼きやタコ焼きがありますが、残念ながらどて焼きはそれほどメジャーな食べ物ではありません。お好み焼きやタコ焼きのように家で作ってみんなで食べるのではなく、串カツのように居酒屋でお酒のお供として食べることがほとんどです。

かくいう私も大阪出身。実家でどて焼きを食べたという記憶はないです。

どて焼きの味を知ったのは社会人になり、友人と飲み歩くようになってから(ちなみに東海地区に「どて煮」という似た食べ物があり、名称や見た目は似ていますが別の食べ物です。詳しい違いについては割愛させていただきます)。

そんな大阪人のソウルフードであるどて焼きが瓶詰めになり、お取り寄せるできる商品が、スプーンデリ大阪の「国産牛すじ肉の贅沢どて焼き」。

「大阪の美味しいものを発掘、大阪グルメブランドとして全国に売り出す」がコンセプトのスプーンデリ大阪。代表の海下さんが、大阪京橋にある「新世界 串かつ おこま」さんとの出会いがきっかけで生まれた商品。

「国産牛すじ肉の贅沢どて焼き」を一口食べると、砂糖とみりんの甘い味覚が口の中いっぱいに広がります。「ああぁ、この味やぁ」と、大阪梅田の地下街で食べたどて焼きの味を思い出させてくれました。

しっかり味噌で煮込まれているので、食感はとろとろ。牛すじは硬い食感を想像していましたが、とても柔らかくて食べやすい。お好みで卵黄を絡めることで甘みがまろやかになり、これまた美味しい。ちびちびと酒の肴に最高です。

ぜひみなさまに試していただきたのが、「どて焼きオンザライス」。

熱々のご飯をどんぶりに盛り、真ん中にくぼみを作りつつどて焼きをご飯の上に敷く。そのくぼみの卵黄をオン。お好みで刻みねぎを散らして完成。

お取り寄せしておうちで食べるからこそできるどて焼き丼。居酒屋でどて焼きを食べるときはこんな食べ方しないですもんね。(笑)

大阪でしかなかなか味わえない本場の味。「国産牛すじ肉の贅沢どて焼き」、ぜひ一度ご賞味くださいませ。

長船クニヒコさん(おかわりJAPAN 主宰)

日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するブログ「おかわりJAPAN」主宰。北は北海道から南は沖縄県まで、全国津々浦々の「これさえがあればご飯が進む!」を探求し続け、今までに食べた”ご飯のお供”の種類は1,500種類以上。
その地域に伝わる伝統的なご飯のお供から、創意工夫尽くされたあっと驚く新感覚なお供まで、さまざまなご飯のお供の魅力をブログにて発信しています。ご飯のお供達人としてメディア出演も多数。

[ウェブサイト] おかわりJAPAN
ご飯のお供専門ECサイト「おかわりJAPAN商店」

おすすめ商品

門崎熟成肉 格之進の人気商品ランキング

廣岡揮八郎の三田屋の人気商品ランキング

NARUMISM(ナルミズム)の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!