平岩理緒さんのおすすめ!
スイーツジャーナリスト

クラストの香ばしさと共に味わいたい、なめらかクリーミーなベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキ
NIKKOケーキスタジオ
5400円

子どもの頃からのチーズケーキ好きが高じて、チーズの専門的知識を問う認定試験を受けたほど。様々なお菓子の中でも、チーズケーキには特に思いが深く、これまで様々なものを食べてきました。

クリームチーズを使った製菓コンクールの取材を通じて知ったのが、デンマーク王室御用達の乳製品メーカー「アーラフーズ」がつくるクリームチーズのブランド「Arla BUKO(アーラ ブコ)」。

そのコンテストの審査員のお1人だったのが、パティシエ暦50年以上の樋口保男シェフでした。2020年7月に栃木・日光にオープンしたこのお店のグランシェフとして商品開発に関わられていると伺い、早速、気になる「ベイクドチーズケーキ」をいただいたところ、ぐっと心を掴まれる好みのタイプでした!

アルミケース型入りの素朴な姿で箱に収められたチーズケーキは、蓋を外すと、真っ白なサワークリームで覆われているのが目を引きます。

その下に隠れているのが、「アーラ ブコ」のクリームチーズをふんだんに使い、生クリームや卵、隠し味にレモン汁などを加えて焼き上げたベイクドチーズケーキの層。卵の黄身の色が強く、トップのサワークリームとの色彩の対比も鮮やかです。

「ベイクド」と言っても、かなりしっとりなめらかで、ここ最近のチーズケーキのトレンドである、“まるでレアチーズのようなベイクド”タイプと言えます。

そんなクリーミーなフィリングと、土台のクラストのザクザク食感と香ばしさとの対比が、特に印象的!粗挽きのグラハム粉で焼いたグラハムビスケットを細かく砕き、じっくり煮詰めたキャラメルを練りこんで敷き詰めてあります。

これは、レアチーズケーキの土台でもよく見られる製法ですが、冷やし固めて作ると、全体にしっとりと、チーズクリームと一体化していることが多いのです。

しかし、こちらはあくまでベイクドチーズケーキ。焼き上げの際に、再度、土台に火が入るため、想像以上に香ばしく、あまり押し固めすぎていないことで、ほろほろした歯切れのよい食感に。

キャラメル由来のほのかな苦味もあいまって、何とも言えない奥行きのある味わいを与えてくれています。

冷凍ではなく冷蔵配送するため、賞味期限が製造日から5日間とやや短めなのも、作りたての食感を大切にしたい職人のこだわり。

アルミケースから出す際は、手のひらや、40℃程度のお湯で軽く絞った布巾などで全体を軽く温めながら、ケースの縁を外側に広げて、底から押し上げるようにすると、外しやすいです。

チーズのフィリングが非常にねっとりとクリーミーなので、切り分ける時には、熱いお湯に浸して温めたナイフを、水気を拭き取ってから使うのがお勧め。一度カットするごとに拭い、また温めると綺麗に切りやすいです。

少し手間がかかりますが、心を込めて作られたケーキを、最良の状態で満喫していただけたら嬉しいです。

平岩理緒さん (スイーツジャーナリスト)
の近況&プロフィールはこちらから!

この達人のおすすめ!

この達人のおすすめをもっと見る!

達人のおすすめTOPへ

【ご注意】
記載されている情報は2021年09月01日現在のものです。
掲載当時から情報が変更されている場合・すでに商品が購入できない場合がございます。
ご了承ください。

その他のおすすめ商品

注目の企画

ヤマキ公式通販「新にほんの食卓」 の人気商品BEST3

文春マルシェ の人気商品BEST3

特集一覧

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!

こちらもチェック

新着!審査員 実食レポート



【ショップ運営のみなさま】
貴店の逸品を「おとりよせネット」に掲載しませんか。
掲載ご希望の方はこちら

ジャンルで探す