お取り寄せの達人のオススメ!

早乙女孝子さん(薬膳料理研究家)

たまらないモチモチ食感!鬼ひも川うどん

 鬼ひも川ご自宅セット 10人前(つゆ別売り、2人前×5袋)

団子、パン、うどん、すいとん、パスタ、カヌレ、タピオカ、ちくわぶ……

これら、モチモチッとした食感の食べ物を愛してやまない方にぜひとも食べていただきたいのが、今回ご紹介する「鬼ひも川うどん」です。

群馬県の郷土料理として広く知られるようになったペラペラとした平べったいうどん「ひも川うどん」。

その中でもこちらの麺に“鬼”と名がつくその理由は、乾麺の状態からも伝わる圧倒的なビジュアル! 幅5センチものまるで板のようなうどんは、花山うどんさんで取り扱われ ている通常のひも川うどんの約5倍もの幅なんだそう。

その分、ゆでる際には慎重さが求められます。たっぷりのお湯に一枚ずつ、ゆっくりと入れていきます。早く食べたいからと焦ってしまい、数枚を一度に鍋に入れてしまうと、麺がくっついてしまい半生の悲しい状態に(私は経験済みです)。

なので、焦る気持ちを抑えつつ、説明書通りに一本ずつ入れていきましょう。

10分ほどじっくりとゆでたら、麺をざるにあげ、冷水でしっかりともみ洗いします。この工程も、美味しく食べるための大切なポイント。氷水を使い、麺をしっかりと冷やしてしめれば、さらに麺のおいしさがアップします。

じゅうぶんに冷たくなった麺の水をきり、お好みのつけ汁といっしょにいただきます。

その見た目からワンタンの皮のようにするっと入っていくと思えば、コシのあるモチモチッとした食感に驚くはず。冷たくてのど越しもいい。幅が広いため一度にたくさん食べられないぶん、鬼ひも川うどん独特のモチモチ食感をゆっくりと味わうことができます。

モチモチ、モチモチ。そのクセになる食感を楽しんでいると、アッという間にぺろりと完食。

鬼ひも川うどんの食感を味わうには冷たいざるうどんがおすすめですが、これから寒くなる秋から冬にかけては温かい汁にあわせるのもおすすめ。

ほうとうのようにたっぷりの野菜を入れた汁で煮込みうどんにしてもおいしいですし、出汁でのばしたカレーに入れたカレーうどんもモチモチ食感の麺との相性がよく、たまりません。

我が家では鍋のシメとして食べることも。鍋のスープを吸ったうま味とモチモチ感がクセになり、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

早乙女孝子さん(薬膳料理研究家)

栃木県出身。自身の体調不良をきっかけに東洋医学と出会い、北京中医薬大学日本校で薬膳を学び、国際中医薬膳師に。「薬食同源」の本場中国に留学し薬膳やベジタリアン中国料理等を習得。帰国後、広告・雑誌・ラジオを中心に薬膳料理や健康&美容アドバイスを行う。身近な食材を利用した「毎日食べたい薬膳料理」が好評で、著書『冷え知らずのしょうがレシピ』(PHP研究所)等がある。

[ウェブサイト] まいにち、薬膳料理生活
「漢方の知恵を毎日の食卓に いつもの食材効能&レシピ帖」

おすすめ商品

住吉屋の人気商品ランキング

博多喜造の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!