お取り寄せの達人のオススメ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

銀座のレストラン発! 和製グレープフルーツのウィークエンド!

 ウィークエンド 河内晩柑

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

スイーツ業界のコロナ禍における動きのひとつに、レストランがスイーツの通販をはじめたところが増えました。レストランにいかないと食べられなかったお菓子が、自宅でも食べられるということで、よりリッチな気持ちになれるお取り寄せに注目が集まっています。

その中でぼくがおすすめしたいのが、東京・銀座「RISTORANTE OTTO(リストランテ オット)」の「ウィークエンド河内晩柑」。ウィークエンドは、フランスの伝統的な焼き菓子で、週末を大切な人と過ごすときに食べるお菓子、とも言われています。

ウィークエンドは“フランスのレモンケーキ”とも呼ばれるくらい、レモンを使うことがほとんど。ただ、こちらのウィークエンドは「河内晩柑」という、和製グレープフルーツとも呼ばれる果実を使ったもの。

レストランのパティシエール・室岡春香さんが、愛媛県八幡浜市の柑橘農家「かじ坊」の河内晩柑と出会い、このウィークエンドが誕生しました。焼き菓子になると果実の持つ風味がなくなってしまうと思いきや、箱から取り出すとそんな気持ちが吹き飛ぶくらい、爽やかな香りに包まれます。

ひと口食べると、爽やかさが口いっぱいにひろがり、とっても幸せ。河内晩柑の皮をコンフィ(砂糖漬け)にしたものや、すりおろした皮などを生地に入れることで、余すことなく香りをうつし、素材をしっかりと活かしています。生産者の方へのリスペクトも伝わってくるような、丁寧なつくりです。

トップには果肉もたっぷりと使ったアイシングがかけられていて、焼き菓子でありながら瑞々しく、心地よい甘酸っぱさがたまらない。生地のしっとりとした食感とも相性は抜群で、肉厚にカットしてめいっぱい贅沢に食べたくなる!

といつつも、すぐなくなっちゃうのが惜しいから、ご褒美感覚で毎日少しずつカットしながら食べてました(笑)。それくらい大切に食べたくなる美味しさです。室岡さんは、今後も旬の果実を使ったお菓子を作っていかれるそうなので、これからもすっごく楽しみ!

冷やして食べてもすっごく美味しいので、色んな食べ方でお楽しみください。

ナイスィーツ!

スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。
老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。

[ウェブサイト] スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記
Twitter
Instagram

おすすめ商品

江戸流行婦凛の人気商品ランキング

遠藤酒造場の人気商品ランキング

名産松阪牛 牛松本店の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!