お取り寄せの達人のオススメ!

長船クニヒコさん(おかわりJAPAN 主宰)

ご飯のお供だけどナンがほしくなる。本格的にスパイシーなカレー味

 発酵の恵み スパイスカリー

近年健康意識の高まりや環境問題の観点から、大豆ミートが注目されています。

大豆ミートとは、その呼び名の通りミート(お肉)のような大豆食品です。スーパーやコンビニ・お取り寄せグルメで大豆ミートを使った商品を見かける頻度は確実に増えています。飯のお供も同様、大豆ミートを使った商品がどんどん出てくるでしょう。

そんな今後伸びていくであろう「大豆ミートを使ったご飯のお供」の分野に、今年3月、ヒット商品を手掛ける老舗食品メーカーが参入。それが広島県呉市にある『よしの味噌』が作る「発酵の恵み スパイスカリー」です。

商品の説明をする前に製造元の「よしの味噌」についてふれておきましょう。

よしの味噌は大正6年創業、呉市では最古参の味噌蔵元です。100年以上の歴史がありがらも、どんどん新しいジャンルの商品開発をされていてヒット商品も多数あります。

とくに一番のヒット商品は、地元広島県産のレモンを使った「広島れもん鍋」。発売された2013年頃、多くのテレビ番組で紹介されていたので、「食べたことあるよ~」という、おとりよせネットユーザーも多いはず。

そんなヒットメーカーのよしの味噌が、大豆ミートを使った新商品を出したとなれば、お取り寄せせずにはいられない。

ということで、「発酵の恵み スパイスカリー」を食べてみました。

コリアンダー 、クミン、 チリペッパー、ターメリック、ガラムマサなどの香辛料に、味噌や醤油を合わせた特製カレー。

商品開発のために、よしの味噌の社長さんがカレーの専門誌を読みあさって完成した、こだわりのレシピ。なんと60種類以上のスパイスを用意し、その中から見つけ出した黄金比率だそうです。

インドカレー屋で食べるような本格カレー。香辛料の味と香りが食欲がそそります。味噌メーカーが作った商品なので和テイストを全面に押し出した商品かと思いきや、本格インドカリーの味と香り。本格といってもちゃんと味噌や醤油も使われているので、食べやすさもあります。

本格すぎて「ナン」をつけて食べたいという衝動が湧き上がります(もちろんご飯にも合います)。

「ナン」につけて食べたい衝動を我慢できず、私はご飯のお供専門家という立場を忘れてコンビニでナンを購入。案の定、ナンにつけて食べるとより美味しいかったです。

食べる前は「大豆ミート」に焦点がいってましたが、実際に食べてみると大豆ミートのことは忘れて、本格カリーに意識が集中。そういえばこれ大豆ミートやったな、くらいの感覚になります(笑)。

「さすがヒットメーカー、よしの味噌!!」と思わず唸る商品のクオリティーです。

長船クニヒコさん(おかわりJAPAN 主宰)

日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するブログ「おかわりJAPAN」主宰。北は北海道から南は沖縄県まで、全国津々浦々の「これさえがあればご飯が進む!」を探求し続け、今までに食べた”ご飯のお供”の種類は600種類以上。
その地域に伝わる伝統的なご飯のお供から、創意工夫尽くされたあっと驚く新感覚なお供まで、さまざまなご飯のお供の魅力をブログにて発信しています。ご飯のお供達人としてメディア出演も多数。

[ウェブサイト] おかわりJAPAN
初プロデュース「ごはんにのせるとん汁」

おすすめ商品

バウムクーヘン専門店 せんねんの木の人気商品ランキング

秋田屋の人気商品ランキング

お取り寄せお得情報

SNSでもお取り寄せ情報逃さずチェック!